HOME > 製品情報> フレネルレンズ

太陽光集光用フレネルレンズ・平行光集光用フレネルレンズ

太陽光集光用フレネルレンズとは

近年、クリーンな自然エネルギーとして世界中で多く活用されている太陽エネルギー(ソーラーエネルギー)をさらに効率的に利用することを目的として開発されたレンズです。 

このフレネルレンズは鏡面側から太陽光(平行光)が入射する方向で設計されており、標準製品としては焦点距離が1200mm、レンズピッチ0.33mm、製品サイズ 1400mm x 1050mmのアクリル製で板厚は2mm、3mmの2種類がラインアップしているほか、ご要望に応じた板厚、外形寸法にも対応します。 

このレンズは集光型の太陽光発電システムにおいて、太陽電池素子に密度の高い太陽光を入射させるためのレンズとして用いられたり、太陽光のエネルギーを集約して、高温で物質を処理するための太陽炉などの研究開発にも用いられています。

また、平行光を集光する用途で設計されていることから、焦点距離の短い集光用フレネルレンズはセンサーなどと組合せ、光検知などの用途でお使いいただく事も可能です。

日本特殊光学樹脂のフレネルレンズ製品は標準仕様のフレネルレンズのほか、お客様のご要望に応じたさまざまなサイズ、形状のフレネルレンズ製造に対応可能です。 詳細に関してはお問い合わせください。


若狭湾エネルギー研究センター 太陽炉 (フレネルレンズ部:日本特殊光学樹脂製)

太陽光集光用・平行光集光用(センサー用フレネルレンズ)フレネルレンズ製品群

太陽光集光用フレネルレンズ 標準製品

CFシリーズBタイプ(製品番号 CFxxx-B)は平面側から太陽光(平行光)が入射し、フレネルレンズ面側のf値の焦点距離に集光するように設計されています。

従来のCFシリーズはフレネルレンズ面側から平行光が入射し、平面側のf値の焦点距離に集光するように設計されております。 どちらもこの設計に適した配置を行えば、集光用途としてご利用いただけます。

フレネルレンズ・大型フレネルレンズ 製作ご相談・お問い合わせ

サイズ、板厚は規格以外にも可能な限り対応させていただきますので、ご相談ください。

リニアフレネルレンズ

太陽光集光用フレネルレンズ・平行光集光用フレネルレンズ 標準製品仕様書

*製品の仕様は予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。
*取り消し線の製品は廃番商品ですが、現状金型での製品サンプル出荷は可能です。 あらかじめご了承のうえご注文ください。
*製品の仕様を継続的に維持したいお客様には専用の金型を製作しております。 費用など詳細はご相談ください。

製品番号 f
(mm)
P
(mm)
Φ
(mm)
材質・厚さ
(mm)
サイズ
(mmxmm)
CF5-Bnew 5 0.1 25 PMMA 2t 25×25
CF10-Bnew 10 0.1 50 PMMA 2t 50×50
CF15-Bnew 15 0.1 75 PMMA 2t 75×75
CF50-B 50 0.3 100 PMMA 2t 100×100
CF150-B 150 0.5 283 PMMA 2t 200×200
CF200-B 200 0.3 354 PMMA 2t 250×250
CF300-B 300 0.3 425 PMMA 2t 300×300
CF400-B 400 0.3 673 PMMA 2t 450×500
CF600-B 600 0.5 566 PMMA 2t 400×400
CF1200-B2 1200 0.33 1750 PMMA 2t 1400×1050
CF1200-B3 1200 0.33 1750 PMMA 3t 1400×1050
CF3500-B3 3500 0.3 1750 PMMA 3t 1400×1050

最大加工径5000mm
f=焦点距離  P=レンズピッチ  φ=有効径

ご注文・お問い合わせ

ご注文・お問い合わせはオンラインショップ・問い合わせフォーム・電話・FAXでお受けいたします。

オンラインショップ

お問い合わせフォーム

電話・FAX